f:id:mikanohanaoi:20170805122931j:plain

普段はポイントサイトなどでせっせとお小遣い稼ぎ?をしているせつかですが、カテゴリーを子育てにもしているのでそういったお話もボチボチ書いてみようと思っております。

無料メルマガなどの登録やアンケート、モニターなどでちょっとしたお小遣いやANAマイルなどが貯まるお話にご興味ありましたら是非、下の記事も読んでみてくださいね。気分転換になりますよー。

mikanohanaoi.hatenablog.com

 

世にも恐ろしいW受験

 

正確にいえば昨年から今年の春まででした、高校受験と大学受験が重なった我が家。

今を思えば16年前、下の息子を妊娠したあたりからうっすらとは感じておりました。

3つ違い、

3つ違い、

3歳違い、、、

てことはナニか?出産した15年後って大変なことになってね????

 

チラっとは思いましたケド。 でもま、まだ先の事じゃんね(*´Θ`)

 

とか思ってた記憶はうっすらありました。その時の私に言いたい事がある、

 

そん時悩んでもしょうがないから出産と新生児の育児楽しんでたお前、グッジョブ☆★☆

 

 

考えても来る時はくる、腹を括るしかありません。

もしかすると私立とかお受験してその後の受験とは無縁の生活になってるかもしれませんし、うちは無かったですけど!!

というわけで順当に公立中学に進んだ子供たちはしっかり高校受験をする運びとなりました。

 

夏休みが鍵!!!!!!

 

とか塾だの学校だので散々言われていると思います。そうなんですよ、きっと、たぶん、間違いなく。

デキル子がいるご家庭はそうなんでしょうとも。

要はそうじゃない「うちの子やればデキルんです!!!」と言ってきたもしくは心のどこかで信じていた数多の家庭のお母様の悩みの話、

 

 

あんた夏休みなのにナニしてんの・・・・????

 

お祭り?今日?誰と?え?

○○くん?(確か英語が3年間平均15点くらいのおバカな同級生A)と、

○○くん??(陸上部では成績残してるけど頭悪いからきっと推薦でどっかの私立にシレっと入るのであろう同級生B)と、

○○くん???(塾に通ってもないのに常に学年トップクラスの参考にもならない優等生)?????

 

どこにそんな余裕があんだよ、

ていうかあと何カ月だと思ってんだよ、

ていうか!!いつになったら本気出すんですか???

 

つーか塾行ってるだけで満足してんじゃねーーよゴルァ!!!!!!!!

 

とかですよ、普段はウエンディのママみたいに優しい私でもイライラがマックスになるのがこの時期。(あらあらダメよ☆とか人差し指立ててちょっと目で叱る的な)

 

結論から言います、あくまでも当社比ですが、

 

そういったタイプのお子様は夏にどんだけ言ってもやる気なんで出しません、夏期講習とそこで出される宿題と学校の宿題で終わります。

秋に入りうっすら寒くなり始めた頃かしら、

今までトモダチだと思ってた奴らがなんとなく動きがおかしくなりはじめ、志望校が決定しはじめ、推薦の話とか願書だのの話題が出る頃、

 

あれ?俺やばくね???   ←遅い

 

志望校決めたり三者面談とか

 

V模擬、W模擬。受けてはみたけど志望校のA判定など見た事なんてない、

学校で下位の成績の子たちが狙うランクでSが出てちょっと鼻が膨らみ、

とはいえとはいえ、そこに行きたいか?あんたそこでいいの???

否!!!!!

ちゅーか、やべえ、プライドが許さん!!!てなったのがもう初冬でした、うち・・・・・・

(そもそもプライドどうこういうレベルでもないランクでしたけど)

 

都内ですので第一志望は都立。お姉ちゃんが都立ってのもありますし(経済的に助かるし)、自転車で行ける所に(何の特徴もない)ふつぅぅぅぅーーの都立高校がたまたまあったわけです。

 

将来何がしたいかもわからん、

目標もない、

部活はやってたけどそこを極めるつもりもない(弱小チームだったし)

好きなものはアニメ、携帯小説、音楽、そして女の子女子女の子

そんな夢も希望もあるのかないのかすら、考えたこともあまりない中学生男子が選ぶ基準なんて

 

「家から近いから」

 

これ一択ですよ、そんなもんですハイ。

 

都内の高校受験は、都立推薦、都立一般受験、私立単願、私立併願などの選択があります。

特殊な学校の場合は省きますが一般的なお話。

我が家も都立だと助かるなとは思っておりましたがもちろん滑り止めも考えておりました。

なのでまずは私立の併願を取ること!!!そこは重要視してました。

 

余談ですが、、、このご時世いろんな家庭があります。特に公立中学あたりに通わせているといろんな事情を抱えたお子さんも多い。

私立なんてトンデモナイ、都立だけ、それも確実に受かってもらわないと困るからランクは下もしくは商業工業系しかダメ。

それでもダメなら定時制。

自衛隊に進む子、就職する子もいました。

 子供は本当に可愛いです、ダメでもヤンチャでもなんでも。みんな幸せになって欲しいですよね。

 

 

三者面談などで先生から現実的な数字で厳しいお話などを聞かされます。

やはり内申というものが関わってくるので学校での成績、評価が大きく受験に関わってくる。

どう取り繕っても秋の試験で最終的な内申が決まるわけですからその頃に目が覚めないようじゃもう厳しい。

 

 

併願で大事なのは基準を満たす内申点

 

ご存じの方も多いはず、まあ家に受験生が出れば必然的に知る事となります。

都内に限っての話になりますが、内申点は中3の中間で決まります。

二期制の学校が多いとは思いますがこちらの学区も同じでしたので、中間、期末がありそして次の中間試験で決まってしまいます。

まずは情報を集めましょう。都立一択しかないわけでなければ、最悪不合格だった場合にせめて「こんな学校行きたくなかった」と思わないでいられる態勢にしておく事は大事です。

 

 

私も相当調べました。便利な時代です、ネットで大抵のことはわかります。

中3になると子供が学校から受け取ってくる冊子などが増えてきます、高校受験ガイド的なアレです。そこにスポンサーなのか何なのかわかりませんが、高校ページにいろんな私立高校が載っています。大抵併願での受け入れを行っているようで、私立も必死ですよね、くすくす(*´Θ`)

 

ずっと調べているとそういった常連校みたいな所が確かにあって、結果的に上の子も下の子の時もそういった広告に載っている学校を選ぶ子は多かったように思います。

ですが私はそういった広告には載せてない学校を見つけました。もちろん息子の学力に合わせ、通える事が条件です。私立はHPもしっかりしており生徒を集めるために特色がはっきりしているのでなかなか面白いですよ。

そういう意味では都立高校は特色があるのは一部分の高校のみです。部活での強豪があったりとか体育祭での応援団だとか、、あとは科学技術高校などの特化している学校あたりでしょうか。それと日比谷高校など偏差値がずば抜けているなどは別枠ですね。

 

そんなこんなで併願受験できる私立選びは割と重要ですしそこが決まってしまえばちょっと楽にもなれます。

足りない内申は英検や数検、皆勤と部活動の部長とか生徒会などの実績で加点になる学校も多いです。じっくりと併願の基準を読み、我が子ならどうか?ここなら都立ダメでも納得できるかな?などを調べましょう。

 

親がそこまでやるべきか

 

どうなんでしょうね、私も今時の親はこんなことまでするんかいね??とか常に疑問に持っておりました。もちろん親が手も口も出さないでも自ら目標を定め、自ら学校見学に出向き、しっかりと対策を練れるお子様なら必要ないですよね。

ですがね、、、、

ほぼほぼそんなお子様なんていないですよ、そんな子学年でも一握りですわ、大抵のご家庭は「どうしよう・・・・・・」となってるはずです。

あまり悲観的になる必要はないと思います。学校の先生も塾の先生もめっちゃうるさく言いますけど(それはそれで大事)

それで我が子を責めたところで何も変わりません。なら親ができる事と言えば万全の受験体制を整えてやることだけなんじゃないかなと思うのです。家で調べられるものは自分でやる、学校は数字を見て「行けるか行けないか?」は教えてくれますが、我が子に合っているのか?までは教えてくれません。

しかも公立の先生がどんだけ大変か。自分の子だけじゃないんですよ、他にもいっぱい心配な子を抱えてます。全て任せていたら何にもアドバイスもなかったとか聞きますわよ・・・・

 

受験は必ず終わりが来ます。そしてみんなそれなりに何とかなってます、ほんとほんとww 

何とかなるからーーー!!まずはお母さんリラックスしよーーーーー!!

でもって諦めて今年はしょーがねえと腹くくって子供のサポートにまわりましょーーー!!!

 

 

夏休み明けは成績が頭打ち

 

あんだけ頑張った?夏期講習(子供よりも親の懐が一番痛い)、ならば秋の模試で成績が上がってるはずっっ!!!

と思いたい気持ちはわかる、わかります。でも聞いたこともある、、、この時期はなかなか成績が上がらないらしいという都市伝説。

 

ホントだったぁぁぁぁぁーーーーー!!! 上がらない、変わらない、やばい!!!

 

でもってこの都市伝説もたまに耳にする、、、ここで諦めて志望校落とす子が多い。

 

わかるーーーー!!! 一瞬そんな気になっちゃうこの成績ーーーー!!!!

 

結論から言いますが、もともと無茶なランク狙っていたのなら一考ありですけど、そこそこ子供が勉強に取り組んでいるのならそこは耐えるべきです。

 

先に結果書きますが

 

うちの息子は都立落ちました。

ですが本番が2月末だったのですが直前の模試ではかなりSに近いA判定まで出ておりました。

小鼻膨らむぅぅ~~(人´∀`).☆.。.:* 落ちたけど。

 

 

受験は当日何が起こるか判りません、体調もあるし過去問がガラッと変わるかもしれない危険も抱えてます。

だから数字では測れない部分がかなり占めております。

それと、、、このご時世です。

とても優秀なのだけど、家庭の事情でやむなくランクを下げてまで都立一択のお子様も多いということ。

そもそも少し高望みな学校だと相当厳しいと言っておきます。

 

結果は残念でしたが、途中ランクを落とさせたりしなかった事、若いうちに失敗の経験が積めた事。そして受け皿の私立をきちんと選んでいた事は幸いでした。

 

私立お金掛かりますが、補助も出ますし何より都立にはない面白さがあります。

上の子が都立だったので比較できるのですが本当に違います。

都立でも私立でもどっちになっても気持ちよく楽しく通えるように、子供が毎日笑っていられるように。親が願うのはそこだけです。

 

 

今とってもしんどい時期だと思います。志望校もまだ決まってないお子様も多いかもしれません、ですが繰り返し言います、

受験は必ず終わりますし、何とかなっていきます。

親ができることは情報収集と、温かいごはんの用意と寝床の準備。追い詰めないで提案してみる。難しいけど親も人間です、結構忍耐力を求められますが自分って案外こういう性質なんだなと見つめ直す機会にもなりました笑 

 

 

 

頑張ってくださいね!!! 

いやまじでその気持ちわかるわぁぁぁぁ!!!

 

 

 

☆今度は上の子の大学受験も書いていきますね