神戸製鋼所は自動車部品のバンパービームを約3割軽量化できるアルミ合金の新素材「7K55」を開発したと発表した。軽量化と高い強度を両立させた。既に国内自動車メーカーにバンパービームの材料として採用が決まっているという。環境規制の強化を背景に、自動車部品には軽量化の需要が拡大してることもあり、他社への採用拡大を目指す。

 バンパービームは衝突時に衝撃を吸収するのを目的とする、バンパーの内側に装着する補強材。現在は素材として「6000系」と呼ばれるアルミ合金を使用するのが主流だ。亜鉛やマグネシウムを付加した「7000系」と呼ばれるアルミ合金では軽量化できるのが知られていたが「応力腐食割れ」という劣化が起きやすくなるのが課題だった。

 ただ神戸製鋼はオートバイや鉄道向けに7000系のアルミ合金を製造してきた経験を生かし、付加する化学成分と熱処理条件を最適化。応力腐食割れへの耐性は従来と同等で、強度は向上、さらに軽量化した7000系アルミ合金である7K55の開発に成功したという。